東京築地目利き協会

協会理念

江戸時代より脈々と続く日本の魚食文化を培ってきた魚河岸の目利き文化の維持発展のための啓蒙活動を行なっております。

一般社団法人 東京築地目利き協会

設立趣意書

一般社団法人東京築地目利き協会は、2017年、移転問題で揺れる市場に『未来永劫変わらぬ存在価値』を見出し育むために設立されました。 いつのころからか、築地市場がブランドとなり、いまや世界中にその名が知られるようになりました。 そのため、市場移転問題が大きく取り上げられ、築地ブランドの危機とまで言われるようになりました。 市場移転は、過去にもありました。日本橋から築地。その際にも移転反対の声はあがりました。 歴史は繰り返す。2018年10月に豊洲に市場が移され、いま新たなブランド作りをしている真っ最中です。 私達は、江戸時代の日本橋から代々紡がれてきた市場において、魚を売買する仲卸の目利きに焦点をあて、未来永劫変わらぬ価値として魚河岸目利き文化を広く知っていただき、継承するために活動をしております。そして【MEKIKI】を世界共通語化を目指しております。

また、一方で、自然環境の変化、人口の変化、食嗜好の変化、グーバル社会への転換、インターネットの発展など変わりゆく環境に柔軟に対応しつつ、新たな取り組みもしております。
文化とは、芯の部分は変わらず、その時代時代に合った色を重ね合わせて維持発展させるものであります。

私達協会がその役割を担うよう努力を重ねてゆく所存です。

代表理事 佐藤 篤子

構成役員

代表理事 佐藤 篤子
顧問   平井 啓之
専務理事 本間 奈々
専務理事 渡辺 さくら
常務理事 荒川 あやこ
常務理事 根本 朋美

平井 啓之

顧問

未来に向け、日本の目利き文化継承を今も推進してゆく

築地に入って約60年。1日に70種類、10,000匹の海老を扱う株式会社平井本店の元代表取締役社長。
魚河岸会副会長。

海老から紐解く和食文化にまつわる話は、料理人の間でも人気がある。「日本の素晴らしさを後世に伝えたい」という熱い想いが伝わる講義を聞いてファンになる受講生が多い。

本間 奈々

専務理事

日本の食文化「目利き」を世界の方々にも知っていただきたい

築地で冷凍まぐろの仲卸の家に生まれ、築地市場・豊洲市場で働き始めてから20年が経ちました。
活気があった市場も、魚離れや後継者問題などで少しずつさみしくなる中で、移転が決定しました。
豊洲に移転しても、「魚河岸スピリット」や「目利きの技」がずっと残りますように・・・
そんな同じ想いを持った代表理事と、『東京築地目利き協会』を立ち上げて、作ったのが《築地魚がしコンシェルジュ講座》です。
魚河岸の「目利き」の方々から直接、魚貝の選び方などの知識やおろし方を学ぶだけではなく、「目利き」という歴史ある日本文化を世界の方々にも知っていただき、魚食への関心をさらに深めていただけたらと思います。
たくさんの「魚河岸コンシェルジュ」の方々がご活躍され、そして「MEKIKI」が世界共通語になる日を夢見て、より一層精進して参ります。

渡辺 さくら

専務理事

たくさんの方に市場の魚を知ってもらいたい!

数年前、ふと人生を折り返していることに気づき「自分が今まで興味を失わずにずっと続けていることは何か」と考えました。思い浮かんだのはただ一つ!「飲食」でした。海・山・川の幸に恵まれた富山に生まれ育ち、大阪時代は日本料理店でアルバイトをしていたので、引き続き美味しい生活を送っていました。20代前半に東京へ移住してからは、しばらく魚食から縁遠くなりましたが、築地市場に買い物に行くようになり、市場の魅力に取り憑かれました。

魚がしコンシェルジュでは、一人でも多くの方に豊洲市場、築地場外市場に足を運んでいただき、目利きのプロが厳選した魚介類・青果をご家庭で召し上がっていただくことを目標に活動しております。是非、一緒に美味しく楽しい人生を送りましょう。2018年11月、第1回目の認定講座が始まり、現在までに第6期生200名超が誕生いたしました。受講された方々に「魚がしコンシェルジュになってよかった」と思っていただけるよう微力ながら尽力して参ります。

荒川 あやこ

常務理事

よりよい食育活動を目指して

私は”魚と野菜”を美味しく食べる”ことをひとつのテーマとしこれまで料理をしてまいりました。
ご縁と直感で!魚がしコンシェルジュ第1期を受講させていただき、食や食文化に関心や造詣の深い方々と魚河岸の”美味しい!楽しい!”を味わい、魅せられております。

協会におきましては、水産資源保護を念頭においた”持続可能な魚食推進活動”として、脳育講座”おさかなブレインコンシェルジュ”を担当しております。
これまでの私自身の料理提案、食育、睡眠や過ごし方についての講演活動を生かし、より良い講座になりますよう寄り添ってまいります。

根本 朋美

常務理事

旨いは楽しい。毎日を鮮やかに。

私は、島根県浜田市出身、浜田漁港の仲買稼業の環境で育ち、魚介は身近な食材でした。
社会人としては水産とは縁遠い、デザイン、ブランディング、デジタルマーケティングと、
時代ニーズに合わせた職種を経験してきました。
時と共に、故郷への思いが強くなってきた所で出会ったのが「東京築地目利き協会」。
すぐに魚がしコンシェルジュ認定、そしてブレインコンシェルジュ認定を受け、いろんなイベントに参加するように。江戸から続く目利き文化継承者達のお話しを直接聞くのは本当に楽しいです。

「東京築地目利き協会」では、情報発信を中心に協会に関わってゆきます。
これまでの知見を活かし、より多くの方へ日本の魚食文化を伝えてゆければと思っています。