料理レシピ

イワシの梅煮~皮を破かずに煮るコツ

今週の魚は【鰯 イワシ】です。
千葉県銚子で揚がるものには、”入梅いわし”というブランドいわしがありますが、梅雨時期が一番脂ののりがよく、内臓をかき出す際、包丁にあぶらがねっとりとつくほどです。

夏~秋にかけて旬のイワシは栄養素が豊富
で、多くのビタミン類に鉄分やカルシウム、タンパク質…。生活習慣病予防や、子どもの脳の発育には欠かせないDHA・EPAも豊富です。
また、イワシと梅は旬の出会いもの。梅の収穫は真っ盛りを迎えております。
梅干しには、ミネラルやクエン酸などが多く含まれ、これからの季節、夏バテ解消などに大活躍することでしょう! おいしく食べて健康に♪

【材料】
イワシ 4~5尾
A(※1)
梅ぼし 大1~2個
酒 50㏄
水 150~200㏄
酢 大1
生姜 1片


砂糖 大2
みりん 大1
しょうゆ 大2 

レシピをご案内するのは、協会常務理事の荒川あやこ先生。
あやこ先生は。東京築地目利き協会認定築地魚がしコンシェルジュでもあり、野菜ソムリエ上級プロ、食生活コーディネーター、睡眠改善インストラクターでもあります。
魚と野菜のバランスレシピと睡眠のお話は定評で、日本全国で講演で活躍されてます。